キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.【新型コロナウイルス】持続化給付金は確定申告書類の控えに収受印がない場合やe-Taxの場合はどうすればよいか。

A.ご回答内容

■中小法人等の場合
【原則】確定申告書第一表の控には収受日付印が押印されていること、e-Taxによる申告の場合は「受信通知」を添付することが必要です。

【例外】収受日付印又は受信通知のいずれも存在しない場合には、税理士による押印及び署名がなされた、対象月の属する事業年度の直前の事業年度の確定申告で申告した又は申告予定の月次の事業収入を証明する書類を提出することで代替することができます。

■個人事業者等の場合■
【原則】確定申告書第一表の控えには収受日付印が押印(税務署においてe-Taxにより申告した場合は、受付日時が印字)されていること、e-Taxによる申告の場合は「受信通知」を添付することが必要です。

【例外1】収受日付印(税務署においてe-Taxにより申告した場合は、受付日時の印字)又はe-Taxの「受信通知」のいずれも存在しない場合には、提出する確定申告書類の年度の「納税証明書(その2所得金額用)」(事業所得金額の記載のあるもの)を提出することで代替することができます。この場合、収受印等のない確定申告書第一表の控え、及び所得税青色申告決算書の控えを用いることができます。

【例外2】例外1によることもできず、「納税証明書(その2所得金額用)」による代替提出がない場合も申請を受け付けますが、内容の確認等に時間を要するため、給付までに通常よりも大幅に時間を要します。また、確認の結果給付金の給付ができない場合があります。

詳しくは、持続化給付金事業コールセンターまでお問い合わせください。

■問合せ時間
 午前8時30分~午後7時

■休日
 5月、6月は休日はなし
 7月から12月は土曜日

【お問い合わせ】
持続化給付金事業コールセンター
電話 0120-115-570

■【情報提供】
経済環境局 経済部 経済活性課

属性情報

ライフサイクル
未設定
カテゴリ
緊急  >  コロナ
FAQ ID
1904529
更新日
2020年05月20日 (水)
アクセス数
13,015
満足度
☆☆☆☆☆
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った
このFAQについて、ご意見・ご要望をお聞かせください

※ 投稿は任意です。最大500文字まで。あと 500 文字です。

投稿