キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.【年末年始】窓口業務では何が出来ますか。

A.ご回答内容

■月曜日から金曜日の午前9時から午後5時30分の間に来庁できない方のために、サービスセンターでは、12月29日から1月3日以外の土曜日にも、
証明書の交付及び転入・転居・転出届の受付窓口を設けています。
 ただし、戸籍届出及び戸籍届出と同日付で提出する転入・転居・転出届ならびに付記転入の受付等の業務は行っておりません。
 
  また、令和2年度の12月26日午前9時から午後5時まで、市役所本庁市民課で窓口を開設しています。(令和2年度の試行実施です。)その日時は付記転入の受付ができます。

■受付時間
 午前9時から午後5時30分
 ただし、12月29日から1月3日は受付しておりません。

■サービスセンターで取扱っている業務
【交付できる証明書】
※ただし、転入・転居・転出に伴う新しい住所での証明書の交付はできません。
令和2年度の12月26日午前9時から午後5時まで、市役所本庁市民課で窓口を開設しています。(令和2年度の試行実施です。)その日時は受付できます。
(1)住民票の写し
(2)住民票記載事項証明書
(3)印鑑登録証明書
(4)全部(個人)事項証明書(戸籍謄・抄本)
(5)除籍謄(抄)本
(6)身分証明書
(7)独身証明書
(8)受理証明書
(9)戸籍の(除)附票(除附票については、平成14年11月2日以降除籍分)
(10)市民税・県民税課税額証明書
(11)固定資産課税台帳記載事項証明書
(12)納税証明書
(13)転入・転居・転出届の受付

*(8)(10)(11)(12)については、一部交付できないものがあります。

 ただし、世帯の一部が転出する場合で、転出する人のなかに世帯主が含まれる場合等、転出証明書の即時交付ができない場合があります。その場合は、後日、転出証明書を郵送します。令和2年度の12月26日午前9時から午後5時まで、市役所本庁市民課で窓口を開設しています。(令和2年度の試行実施です。)その日時は受付できます。
 また、他の市区町村に確認をする必要がある場合には、土曜日が休日(閉庁時間)であることから確認することができませんので、再度開庁時間内にお越しいただくことがあります。

*外国人住民の方で、次の場合は住民異動届の受付ができません。
・外国人異動者全員の特別永住者証明書・在留カード(外国人登録証明書)を所持していない場合
・再交付など特別永住者証明書・在留カード(外国人登録証明書)の交付を伴う場合

【阪神尼崎サービスセンター】  
尼崎市開明町2丁目1-1
電話 06-6413-5341
 
【JR尼崎サービスセンター】 
住所 尼崎市潮江1丁目4番5号 アミング潮江プラストいきいき3階
電話 06-6480-5961

【阪急塚口サービスセンター】  
尼崎市南塚口町2丁目1-1-401
電話 06-6427-4261

※ 他の市町村や年金事務所(旧:社会保険事務所)等への確認が必要なもの及び住民基本台帳ネットワークシステムに関連する業務は除きます。


■問合せ時間
 午前8時45分~午後5時30分
 ただし、窓口取扱時間は午前9時~午後5時30分

■休日
 土・日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

【関連するFAQ】
1901126

【お問い合わせ】
総務局 市民サービス部 
市民課  
電話 06-6489-6408

属性情報

ライフサイクル
引越し 転入
カテゴリ
市政・市のしくみ  >  市役所のしごと
FAQ ID
1903041
更新日
2020年06月10日 (水)
アクセス数
50
満足度
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った
このFAQについて、ご意見・ご要望をお聞かせください

※ 投稿は任意です。最大500文字まで。あと 500 文字です。

投稿