キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.【個人市民税・県民税/年金からの特別徴収】 私は65歳以上ですが、全額普通徴収の納税通知書が届きました。所得は年金だけなので今年からは年金から天引き(特別徴収)されると思っていましたが、どうしてですか。

A.ご回答内容

■何らかの理由で介護保険料が特別徴収の対象とならなかった場合や、特別徴収税額が老齢基礎年金等から引ききれない場合などは特別徴収の対象となりません。
 また、年金保険者(日本年金機構など)から通知される特別徴収対象者データに基づいて、市区町村で氏名と生年月日により対象者の特定を行いますが、その際に特定できなかった方についても、年金からの天引き(特別徴収)の対象となりません。

■参考
公的年金から天引きされる税額は、年金所得から計算する個人市民税・県民税額のみとなります。

※公的年金とは
 国その他の公的機関が社会保障制度の一環として行う年金制度の総称。
 厚生年金・国民年金・共済年金など。

【関連するFAQ】
1901629
1901626

■問合せ時間
 午前8時45分~午後5時30分
 ただし、窓口の取扱時間は午前9時~午後5時30分

■休日
 土・日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

【お問い合わせ】
資産統括局 税務管理部
市民税課 (個人担当)
電話 06-6489-6247・6248・6246

属性情報

ライフサイクル
未設定
カテゴリ
税金  >  市民税・県民税
FAQ ID
1901627
更新日
2022年03月31日 (木)
アクセス数
801
満足度
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った
このFAQについて、ご意見・ご要望をお聞かせください

※ 投稿は任意です。最大500文字まで。あと 500 文字です。

投稿