キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.住民基本台帳カードは何に利用できるのですか。

A.ご回答内容

■住民基本台帳カードの交付は、平成27年12月28日で終了しましたが、現在お持ちの方は、次のサービスが利用できます。

■住民票の広域交付

 お住まいの市区町村でなければ受けることができなかった住民票の写しが全国どこの市区町村でも交付を受けることができます。
 ただし、本籍・筆頭者の記載が必要な場合は、お住まいの市区町村のみでの交付となります。

 ※サービスセンターの土曜日開庁時には、この手続きはできません。

■転出転入の特例手続き

・前住所地の市区町村役場への転出届が必要です。(転出証明書に載せている情報は、電子情報として市区町村間で送信されます)

・受付は、本庁市民課・各サービスセンターになります。
  なお、土曜日の住基カードでの転入(転入届の特例)の受付はできません。ただし、次の土曜日は受付できます。令和2年度の毎月最終土曜日(4月のみ第1土曜日)(4月4日、 5月30日、6月27日、 7月18日(※日程変更)、8月29日、 9月26日、10月31日、11月28日、12月26日、 1月30日、2月27日、 3月27日)の午前9時から午後5時まで。転出元市区町村のシステム稼働状況等により、受付できない場合があります。(令和2年度の試行実施です。)

・窓口で転入する人の住基カードを提示して暗証番号を入力し、転入届を行います。

*届出期限は、転入した日から、14日目か、転出届けに書かれた転出予定日から30日目かのどちらか先に到達する日までです。
 前住所で使用していた住基カードの継続利用手続きができます。(住基カードを持っている人が転出証明書で転入をすると
 転入届出同日には継続利用手続きはできません。)
 転入届出同日に継続利用手続きが、できなかった場合は、転入届出日より90日以内に手続きしないと住基カードは
 廃止になります。

*暗証番号が正しく入力できなかった場合(暗証番号は3回連続で誤った番号を入力すると住基カードはロックされ、使えなくなります。)は、住基カードの継続利用手続きはできませんのでご注意ください。


■本人確認書類としての利用

 顔写真付きのカードは、パスポートの申請のときや、銀行での口座開設のときの本人確認など、公的な本人確認書類として利用できます。

 ※提出先によっては本人確認書類として利用できない所もあります。


■問合せ時間
 午前8時45分~午後5時30分
 ただし、窓口取扱時間は午前9時~午後5時30分

■休日
 土・日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

【関連するFAQ】
1901145

【お問い合わせ】
総務局 市民サービス部 
市民課 住民記録担当
電話 06-6489-6408

属性情報

ライフサイクル
引越し 転入
カテゴリ
戸籍・住民票・印鑑登録  >  住基カード・公的個人認証
FAQ ID
1901141
更新日
2020年06月10日 (水)
アクセス数
395
満足度
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った
このFAQについて、ご意見・ご要望をお聞かせください

※ 投稿は任意です。最大500文字まで。あと 500 文字です。

投稿