キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.「近松のまち・あまがさき」について知りたい。

A.ご回答内容

■尼崎市久々知(くくち)の広済寺(こうさいじ)に墓所(国指定史跡)があるなど、本市にゆかりの深い江戸時代の劇作家「近松門左衛門(ちかまつもんざえもん)」を文化振興のシンボルとして、昭和61年市制70周年を期に「近松のまち・あまがさき」を目指した文化、教育、産業、環境整備など幅広いまちづくりに取り組んでいます。
 
■近松の里(尼崎市久々知1-4)
【近松公園】
 池やせせらぎを配した広さ2ヘクタールの日本庭園風の公園
 
【近松記念館】 
 資料室では近松ゆかりの品約100点を展示
 開館時間:午前10時~午後4時
 休館日:水曜日・第2日曜日定休、夏期(8月13日~8月16日)、年末年始(12月29日~1月7日)
 入館料(大人200円、中~大学生150円、小学生100円、15名以上の団体は半額)
 ホール・和室・会議室あり
    
 お問い合わせ先
 近松記念館
 住所 尼崎市久々知1丁目4-38                                                                                                  
 電話 06-6491-7555   
 
【広済寺】
 近松門左衛門の墓(国指定史跡)があります。

 お問い合わせ先
 広済寺(こうさいじ)
 住所 尼崎市久々知1丁目3-27
 電話 06-6491-0815    
  
※近松かたりべ会によるガイド・ボランティアあり(事前予約制)
   
■産業
 (近松を冠したお茶・のり・ようかん・せんべいなど)、市民・事業者への広がり

■近松賞(ちかまつしょう)
 近松の偉業をたたえ、次代の演劇界を担う劇作家の育成を図るため戯曲を募集・表彰する「近松賞」。
 近松賞受賞作は、実際に上演も行います。 
 戯曲募集・上演予定などはホームページから。

お問い合わせ先
公益財団法人 尼崎市文化振興財団 事業担当
住所 尼崎市昭和通2-7-16
電話 06-6487-0910
FAX 06-6482-3503

■近松ナウ
 「近松を現代によみがえらせる」をコンセプトに、市民の近松にちなむ催しをはじめ、近松作品を読む講座、親しむツアー、近松作品の文楽などを、ポスターやパンフレットで紹介。
 毎年、尼崎市総合文化センターで「文楽公演」が行われ、世界に誇る伝統芸能をまじかに触れることもできます。

お問い合わせ先
公益財団法人 尼崎市文化振興財団 事業担当
住所 尼崎市昭和通2-7-16
電話 06-6487-0910 
FAX 06-6482-3503

■園田学園女子大学近松研究所
 近松に関する日本屈指の研究所。
 近松に関する資料や近世演劇に関する資料約15万点をデータベース化して全国に情報発信しています。

お問い合わせ先
園田学園女子大学近松研究所
電話 06-6429-9928
FAX 06-6429-9922

詳しくは、各施設か文化振興担当にお問い合わせください。

■問合せ時間
 午前8時45分~午後5時30分

■休日  
 土・日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

【お問い合わせ】
総合政策局 政策部
文化振興担当
電話 06-6489-6385

属性情報

ライフサイクル
未設定
カテゴリ
学ぶ・あそぶ  >  文化・国際交流
FAQ ID
1900436
更新日
2019年06月29日 (土)
アクセス数
88
満足度
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った
このFAQについて、ご意見・ご要望をお聞かせください

※ 投稿は任意です。最大500文字まで。あと 500 文字です。

投稿