キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.【法人市民税】法人市民税の申告期限を教えてください。

A.ご回答内容

■新型コロナウイルス感染症の拡大等による申告及び納付期限の延長
新型コロナウイルス感染症の拡大等により期限内に申告及び納付が困難な場合には、期限を区切らず延長します。
事前に申告期限延長申請の手続きを行う必要はありませんので、申告などが可能になり次第以下のいずれかの方法で手続きを行ってください。
なお、申告書が提出された日付をもって、申告及び納付期限とさせていただきます。

1.申告書の所在地の欄などの余白部分に「新型コロナウイルス感染症による申告及び納付期限延長申請」と付記してください。
    なお、国税局に提出された申告書の写し(「新型コロナウイルス感染症による申告・納付期限延長申請」の旨が記載されたもの)の写しを添付してください。

2.申告書の添付資料として、「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請(eLTAX様式)」(Wordファイル)を添付してください。
   なお、申告書の余白部分への「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」との付記や、国税局に提出された申告書の写しなどの添付は不要です。
Wordファイルについては以下のeLTAXホームページからダウンロードしてください。

■確定申告
 決算日の翌日から2カ月以内が原則です。

 例外1・・・あらかじめ税務署から「法人税の申告期限の延長」が認められている場合は、さらに期限が延長されます。
 
 例外2・・・解散のときは解散の翌日から2カ月以内です。

■中間申告(予定申告、仮決算による中間申告)
 前期の法人税額が年20万円を超えるときだけ必要です。
 事業年度開始から6カ月経過した日から2カ月以内です。

■清算予納申告
 決算日の翌日から2カ月以内です。

■清算確定申告
 清算結了の日(残余財産の確定した日)の翌日から1カ月以内です。

■受付の日付け
・郵送のとき
 消印の日
 消印のないときは当方で差出日を判断します。

・持参のとき
 提出の日

■期限後の申告
 決算月にかかわらず、いつでも受け付けます。
 ただし、法定納期限の翌日から5年以内に限ります。

 詳しくは市民税課 法人担当へお問い合わせください。 

■問合せ時間
 午前8時45分~午後5時30分
 ただし、窓口の取扱時間は、午前9時~午後5時30分

■休日
 土・日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

■注意事項
 各サービスセンターでは取扱っていませんので、ご注意ください。

【関連するFAQ】
【法人市民税】法人市民税の申告用紙(確定申告書、修正申告書、中間申告書、予定申告書、更正の請求書)をください。

【お問い合わせ】
資産統括局 税務管理部
市民税課 (法人担当)
電話:06-6489-6256・6257

属性情報

ライフサイクル
未設定
カテゴリ
税金  >  申告
FAQ ID
1900263
更新日
2020年05月26日 (火)
アクセス数
223
満足度
☆☆☆☆☆
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った
このFAQについて、ご意見・ご要望をお聞かせください

※ 投稿は任意です。最大500文字まで。あと 500 文字です。

投稿