キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.納税証明書(法人市民税、事業所税を除く)を取得したい。

A.ご回答内容

■申請書に必要事項を記入し、本人(申請者)確認ができるものを窓口に提示してください。
 郵送で取得する方法もあります。

≪窓口で取得する方法≫
■納税証明書の種類
 市県民税、固定資産税・都市計画税、固定資産(償却資産)、軽自動車税、軽自動車税(車検用)、市税に未納の税額がないこと
※「市税に未納の税額がないこと」(年度・税目・税額等の記載はなく、申請日段階で市税に未納の税額がないことについて記載されているのみです。また、発行は本庁のみです。)

■提出書類
 申請書(申請窓口にあります。また、尼崎市ホームページから申請書をダウンロードすることができます。)

■申請窓口
 本庁南館2階 税務管理課
 各サービスセンター

≪サービスセンター≫
【阪神尼崎サービスセンター】 
尼崎市開明町2丁目1-1
電話 06-6413-5341

【JR尼崎サービスセンター】  
尼崎市潮江1丁目4-5(アミング潮江プラストいきいき3階)
電話 06-6480-5961

【阪急塚口サービスセンター】  
尼崎市南塚口町2丁目1-1-401
電話 06-6427-4261

■申請者
(1)本人
(2)尼崎市内の住民登録上で、現在、同一世帯の人
(3)前述同一世帯の人に該当しない代理人による申請は委任状、代理人選任届を持参した人

■申請方法
 直接窓口へ

■受付時間
 午前9時~午後5時30分

■休日
 土・日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

■必要なもの
(1)窓口に来る人の本人確認できるもの
 ※1点の提示でよいもの 
 顔写真付官公署発行の証明書
 (運転免許証、顔写真付住民基本台帳カード(住基カード)、個人番号カード(マイナンバーカード)、パスポート、在留カード、特別永住者証、外国人登録証明書、身体障害者手帳など)
 ※2点の提示が必要なもの 
 健康保険証、共済組合員証、介護保険証、老人医療費受給者証、学生証、社員証など
 ◆平成23年3月より、官公署発行の顔写真付き証明書を持っていない人については、健康保険証と年金手帳など2点の提示が必要となりました。
軽自動車税納税証明書(車検用)の場合は不要
(2)代理人の申請の場合は委任状、代理人選任届   (法人が委任する場合は法人代表者印の押印)
  軽自動車税納税証明書(車検用)のみ委任状不要
(3)印鑑、法人の場合代表者印(法人代表者印をお持ちいただける場合は委任状は不要)
(4)相続の場合は、被相続人と相続人の続柄、死亡日がわかる戸籍謄本等または遺産分割協議書の写し(生前、同一世帯の場合は不要)
(5)証明手数料1件につき300円
  軽自動車税納税証明書(車検用)は無料

■注意事項
・納付されて間がないと証明書が発行できない場合があります。
・本庁南館2階税務管理課か各サービスセンターに領収印の押されている領収書をお持ちください。
・軽自動車税納税証明書(車検用)の場合は、本人確認書類、委任状及び印鑑は不要です。
 車検以外の目的で軽自動車税の納税証明書が必要な場合は、本人確認書類のほか、代理人の場合は委任状が必要です。

 詳しくは、税務管理課へお問い合わせください。

【関連するFAQ】
1900140
1900134
1900142
 
【お問い合わせ】
資産統括局 税務管理部
税務管理課(窓口)
電話 06-6489-6284

属性情報

ライフサイクル
未設定
カテゴリ
税金  >  税証明
FAQ ID
1900141
更新日
2020年02月12日 (水)
アクセス数
1,469
満足度
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った
このFAQについて、ご意見・ご要望をお聞かせください

※ 投稿は任意です。最大500文字まで。あと 500 文字です。

投稿