キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.【BCG】BCG予防接種は生後3カ月にならないと受けられないのでしょうか?

A.ご回答内容

■BCGの場合、法律で定められた対象年齢は「生後12カ月に至るまで」なので、法的には生後3カ月に満たなくても接種は可能です。
 
 しかし、生後3カ月に満たない年齢の場合、先天性免疫不全を有するかどうかの判断が困難であるため、免疫不全に気付かずに接種をしてしまうと、全身性(播種性)BCG感染症といった致命的な副反応を生じてしまう可能性があります。
 
 このため、基本的には標準的な接種年齢の5カ月~8カ月までの子どもに対して接種を行っています。
 ただし、保護者の希望があれば、生後3ヵ月から接種できます。
 BCGの接種はお近くの予防接種実施医療機関で接種をしてください。

 詳しくは、保健所感染症対策担当へお問い合わせください。

■問合せ時間
 午前9時00分~午後5時30分

■休日
 土・日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

【お問い合わせ】
健康福祉局   
保健所感染症対策担当
尼崎市七松町1丁目3番1-502号
電話 06-4869-3062

属性情報

ライフサイクル
子育て 乳・幼児
カテゴリ
こども・青少年・教育  >  子育て
FAQ ID
1900598
更新日
2020年05月29日 (金)
アクセス数
86
満足度
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った
このFAQについて、ご意見・ご要望をお聞かせください

※ 投稿は任意です。最大500文字まで。あと 500 文字です。

投稿